HOME 性感マッサージ「日本人嬢」・「外国人嬢」

性感マッサージ嬢の違い

ワールドワイドな性感マッサージ

性感マッサージの施術を担当する女性は日本人だけではありません。
世界規模というほどではありませんが、中国・韓国などのアジア系は結構あります。
情報サイトなどでは明確にジャンル分けされている場合もあるほどです。

外国人女性が施術するお店ではその国柄を表すような特殊な施術も一部あります。
一つは「あかすり」。
一時期ブームになったあれです。
もう一つは台湾系マッサージで行われる蒸しタオルを使用した温熱マッサージ。
股間周りを暖めてから性感マッサージを行います。
また、お泊りプランなど終電を逃した人にはありがたい長時間プランを用意しているところも。
※タイ系だと睾丸マッサージ(ジャップカサイ)がありますがこれは日本人嬢の性感マッサージでも結構広く浸透しています。

海外の人を非難するつもりはありませんが、外国人系では違法店が少なからずあるので注意が必要です。
もともと風俗店としての届出を出していない店舗でありながら別途料金で性的サービスを誘って最終的に高額の請求をしてくるケースがあります。
最終的に本番までできるケースもあるようですが、そこまでに支払うお金はソープ1回分よりも高くなることもしばしば。

日本人嬢

意思の疎通も当然問題なく、1番利用しやすいのが日本人嬢。
店外デート、こっそりオプションプレイなど無理をお願いしやすい(笑)
他の風俗に比べるとサービスがソフトな分容姿が求められやすいので大きくはずれを引くことは少ない傾向があります。
テクニックは千差万別ですが、講習がしっかりしている店舗も多いのレベルはまあまあ高い。

外国人嬢(アジア系)

中国・韓国系の性感マッサージ嬢。
まともな店ももちろんあるが、中には一般のマッサージ店のフリをして裏では性感マッサージを別途料金で行う店もある。
ひどいところになると本番(セックス)さえもする。
安い料金で釣って後から別途料金やオプション料金などでボッタくってくることもあるので注意。
日本人嬢に比べてHPの画像の修正がきつく、みんな同じ顔に見えることも。
また、名前をわざわざ日本人名にしているのでさらにややこしい。
テクニックは両極端、上手い子はすごいが逆にサービス精神皆無の大ハズレの地雷嬢がいる。

外国人嬢(欧米系)

ほぼ見かけないのが欧米系の性感マッサージ店。
そもそも欧米の嬢に繊細なマッサージ技術を教えるのは困難なのかもしれない。
一般的な欧米系外国人風俗はとにかく「パネル詐欺」がひどいのが特徴。
画像を修正云々というレベルではなく、そもそも画像がまったくの別人という笑えないレベル。
使われる画像は海外のポルノ女優などの場合が多いのでそちらに詳しい人がいるなら助言を頼みましょう。
プロのカメラマンが様々なシチュエーションで撮影した写真を流用しているのでHPに並んでいる画像に統一性がない。
そういった場合は別人写真を疑ってほぼ間違いはない。
※日本人の風俗店舗と比べると一目瞭然である(日本人店でも修正はあるが…)